印刷向ページ目次

1.公共交通

1.01 インターチェンジをまちの顔に

気軽に途中下車で地元に恩恵を ハイウェイ先進国米国に学ぶ料金所 区間料金方式で気軽に途中下車

1.02 バスの流れが見えてきた

もうバスを待たない バスには地域の掟がある バスに学ぶマイルート バスターミナルにも名店街

1.03 こんなはずではなかった交通の結節点

(1031に統合) 結節「点」といっても点ではない 幻の歩道橋 駐車場が主役 利用空港の選択 高速道路は適地に少ない

1.04 いろいろ乗り継ぐ

長崎への道 チベットへの道 代行バスで行く大宮への道 富山への道

1.05 信頼できる乗車待ち行列

安心ゾーン率でわかる不安の増加 短い行列ほど混乱する どこに並ぶか始発駅 特急並びで行列の不安を解消 始発駅が減っていく 始発駅をつくる 着席通勤は帰宅時にも 横3列なら中央に並ぶ

1.06 1点豪華主義が好まれる

路面電車のある風景 短絡路が優先される 基準階は一階で 「踏切広場」で踏切に歩道を

1.07 まちの必需品

徒歩圏にコインパーキング 気まぐれパークアンドライドが難しい 気まぐれパークアンドライドは情報次第 パークアンドライドの普及にはグリーン車の後押し

1.08 最小の構成

隠れたニーズは最小の構成にある 農村にも都市の機能が必要 居心地の良い場所 「市(いち)」を設ける 公共駐車場こそ、理由(わけ)あり料金を

2.動線(その1)

2.01 空港ビルは広すぎる

バスを見直そう 名店街を真ん中に 良い空港ビルは未完成 良い空港ビルは奥行き方向を活用する

2.02 四車線道路を右往左往

二車線の混在は要注意 車幅減少か車線減少で大違い 高速道路のジャンクションは要注意 京都のまちで右往左往 優しい道づくりは「おすすめ車線」表示から よそものにも教えて欲しい(カーブ編)

2.03 ゆったり道路はいいけれど

道路幅員が広くなっていく 中央ゼブラゾーン うまくつきあいたいゼブラゾーン 黄色の縁取りの導流帯 右折車線のゼブラゾーン 身を隠せない中央ゼブラゾーン 織り込みでもファスナー合流 左折車線もスムーズに 過渡期の右折待ちスペース ちょうどいい巻き込み半径

2.04 ショッピングモールの掟

アメリカのショッピングモールを歩いてみれば 動線が1本でも回遊性はある 間口が広いのも考えもの 駐車場ではあきらめが肝心 駐車場を迷い道にしない 大規模な駐車場は奥行きがある方がいい 横を向くパワーセンター 商店街地域 駅前に公益的施設

2.05 安心な十字路

安心な十字路 横断歩道は幅を持つ線 主道路網図 五差路ならラウンドアバウトで

2.06 流れから見た「点」

河童橋への流れ 兼六園を歩く テーマパークを歩く カードゲットの波及効果 散歩道に目的地

2.07 まちにはまちの道がある

郊外の道がまちの道に バイパス建設の誘惑 プラス2車線だけバイパスを造る まだまだ一方通行は日陰者 一方通行はペアに限る

2.08 ゆずりあう道路

側溝は歩道ではない 1.5車線でゆずりあう道路 センターラインをなくす動き 譲る事を迫られる道 未完成な舗装 電柱で歩車分離 自転車一方通行 バスレーンに自転車 街路樹を見直す

2.09 快適な行列

行列は悪くない 1列ならうまくいく 行列は後にも続く 行列を制するのは一番偉い人 良いサービスの提供は受け手の協力から なんとなくフォーク並び エスカレータも一列に誘導 清潔なテーブル 電車のバリアフリー拠点

2.動線(その2)

2.10 なめらかな歩道の段差

わずかな段差が唯一の目印 けずられた縁石

2.11 すきまの役割

JR京都駅ビルの風穴 空が見える安心 奥にもデパート 樹の陰に商店街

2.12 格子状の道

まちづくり千年の計 成長の流れが欠かせない 突然変異の赤いエリア 新しい学校と病院は不便 交通計画図で流れを誘導 都市計画に公共交通軸がなかった 幹線バス路線を1本 生活の環状道路

3.コミュニケーション

3.01 組織の流れ

フィードバック いいことが暴走する 鍵当番問題 投票用紙の流れ 過程の検証と結果の検証 接する機会をつくる いいことの正体 きちんとできないこともある

3.02 埼玉市ではいけないか

さいたま市では無難な駅名が広く浸透 公募1位の「埼玉市」は退けられた 市名を決めるのは、住民投票が無難 まずは地名の発掘から

3.03 伝える技術

たったひとつのことを伝えるために 伝えたいことはひとつだけ 時間と共に考える

3.04 何かすっきりしない郵便番号

郵便番号の使用率はたった1.4パーセント 郵便番号の4-5けた目は有効に使われていない 「9」で始まる郵便番号は、なぜか本州の真ん中に分布する 大口事業所の番号枠は足りなくなるのか

3.05 番号をきめるのもひと苦労

図書館での分類 発生順も立派なルール 道路は主役 「最大4文字」でいいじゃないか ナンバープレートに有効期限を 見えないIDで管理される とりあえずファイルの行方 伝えたいホルダーが最上位

3.06 視線が挙動不審

「おすすめ」の理由 自動販売機は3歩前から始まる マイルートで運転に専念 上り下りもいいけれど 乗り換え駅で右往左往 通いたくなる書店 ちょっと待ってボタン

4.土地の流れ

4.01 絶え間なく水は流れる

土地には傾斜がつきものです 下水道までの道のり 大きな敷地は高台 上水の散歩道 上水跡の散歩道 大都会の上水跡 星川の用水 西縁 東縁

4.02 まちの道路

生活道路はまっすぐがいい 道は曲がる

8.便利ツール

8.01 簡単写真アルバム

写真アルバムを渡す 巨大になったらサイズ指定する 改行を入れる エクセルで連番 自動的に写真アルバムを生成する ワードで実用的

8.02 計画の流れ

予定は転記される 超近未来日記

8.03 座標を活用

座標データをキャドで活用する 座標を取り出す

9.このサイトについて(その1)

9.00 このサイトについて

このサイトについて(9/10UP) プライバシーポリシー(メールについて)

9.01 ページの機能

初めてお越しの方へ 「次」ボタン 印刷向ページ ランダム表示 RSS 携帯向け

9.02 コンテンツについて

4週間隔の更新です なるほどな文章を目指しています ウェブ上の歯車 「言い伝え」という設計思想

9.このサイトについて(その2)

9.99 流れの最後

流れの最後