流れのヒント

[ゆったり道路はいいけれど]
ちょうどいい巻き込み半径

小さな交差点は交差点改良の第一歩なのです。

Contents
>「交差点は小さく」はマニュアルの第1項目
>>取り上げられたニュースは、交差点改良の第一歩>>マニュアルには交差点に関する「ヒント」が満載
>限界がある歩道の巻き込みの縮小
>>事例を見ると大きな交差点ばかり>>後続の直進車をやり過ごすため>>反対車線にはみ出さない
>すべての道に小さな交差点
>>まだ大きな交差点は少ない>>五差路、六差路であっという間に大きな交差点

「交差点は小さく」はマニュアルの第1項目

取り上げられたニュースは、交差点改良の第一歩

 交差点の改良のことがニュースに掲載されていました。改良の目玉としては、下記のように歩道巻き込み部の曲線半径を小さくして、横断歩道を中心に寄せるというものです。

狭い交差点
狭い交差点

 道路の改良については、当サイトでも道路事務所などの発表を取り上げていますが、何しろ地味なので、全国紙に取り上げられるのはうれしいことです。どんどんPRして欲しいものです。

マニュアルには交差点に関する「ヒント」が満載

 記事にもあるとおり、交差点のコンパクト化は目新しいことではなく、私もいろいろな文書に記載があるを記憶しています。関連するわかりやすい書籍として、「交差点改良のキーポイント」というマニュアル本があります。その名の通り、交差点をどの様にすれば走りやすく、安全なものになるかを40項目にわたる「ポイント」で、わかりやすく説明されています。

 本文を覗いてみると、ポイント1として真っ先に

交差点の面積は広すぎてはいけない。

とあります。どうやら交差点のコンパクト化は1番の基本のようです。

限界がある歩道の巻き込みの縮小

事例を見ると大きな交差点ばかり

 コンパクト化についていくつかの事例を見つかりました。交差点のコンパクト化を実施するのは、車線数が多い幹線道路が交差する大きな交差点が多いのです。大きすぎるから適度な大きさにするという感じです。

 実際、歩道の巻き込み曲線をあまり小さくすることは出来ません。スムーズな車の通行の障害となるためです。

後続の直進車をやり過ごすため

 車両が左折したとき、1台分くらいは横断歩道まで隙間があった方が良いのです。横断歩道で歩行者を待つとき、後続の直進車をやり過ごせます。大きな交差点の場合これが、2台分3台分とあったので、つい加速してしてしまったのです。横断歩道にさしかかるときに加速中という危険な状態であったわけですから、大きな交差点でのコンパクト化は有効であったわけです。

 左折車が多いのであれば、左折専用車線など他の対策が必要になります。

1台分空ける
交差点の図1

反対車線にはみ出さない

 巻き込み曲線は、本来車がスムーズに曲がれるように必要なものです。巻き込み曲線を小さくしても、大型車が曲がるときに反対車線にはみ出さない程度が望まれます。その半径は約13mくらいは必要となります。これより小さい場合は、車線をはみ出してしまいます。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたは流れのヒントの日記
リンクはご自由に © 2003-2017 kita