流れのヒント

[安心な十字路]
安心な十字路

出会い頭の事故が少ない「安全」な十字路の条件は、進入時することが「安心」な十字路でしょう。「危ない!危ない!」と、警告する前に安心の工夫を。

Contents
>都市部では明確な標識で安心を
>>まずは「止まれ」の設置を>>相手も「止まれ」標識なのか知りたい>>「前方優先道路」補助標識
>地方部では道路線形に工夫を
>>十勝型事故>>十字路はT字路に変形する
>「譲れ」標識が必要

10.08.16追加

都市部では明確な標識で安心を

まずは「止まれ」の設置を

私の実家の近くにある交差点なのですが、そこは

  1. 電車の高架脇の側道−幅員大−しかし停止線あり−南北道路
  2. 高架をくぐる道路−幅員小−しかし停止線なし−優先道路(だろう)−東西道路

誤解を生む交差点

十字路の標識(1の道路)
十字路の標識(1の道路)

2の道路
2の道路

の2本の道路が交差しているのですが、ドライバーはその種別などお構いなしです。1.の道路の車は、我が物顔に通過していき、2.の道路の車は、優先道路なのに徐行しています。私が幼少の頃からずっと一発触発の状態ですがなぜか放置されています。地元の人はあきらめ顔で、注意深く走行している次第です。なぜ停止線に加えて止まれのサインが設置されないのか不思議です。

(10.08.16追加)

久しぶりに現地を見ると改良されていました。

改良

1の道路が優先道路でした。だれがみてもわかるように、センターラインとドットラインを交差点内に明示しています。

どうやら私は間違った解釈をしていたようです。見る人によって解釈が異なる危険な交差点だったと言えるでしょう。

相手も「止まれ」標識なのか知りたい

とまれ

 十字路には必ず「信号」か「止まれ」を設置することを最低限のルールとした上で、更に配慮したいことがあります。それは、交差する相手の道路に「止まれ」が設置されているかどうか、こちらでも表示することです。

4方向か2方向か

 車を運転中、「止まれ」の標識に従い停止したところ、右(左)からも車に近づいてきたとしましょう。その車の側に「止まれ」の標識があるのかないのかで、こちらの行動は大きく変わってきます。
 もし、交差する道路も「止まれ」の標識が設置されているなら、交差点に進入する順番は自分が一番です。
 しかし、相手が優先道路ならば、やり過ごさなければなりません。この判断は、裏を向いている標識の内容を知らなければ判断できません。地元の車はそのようなことは知っているので問題にならないでしょうが、初めて交差点を通過する車にとっては、はらはらさせられる問題です。

 ここからはアメリカの受け売りですが、「止まれ」の標識に交差点の状態を表示するのです。「この交差点の片方は優先道路で止まらない」とか、「4方向ともに止まれです」とかの情報です。アメリカなら「2way」とか「4way」ですが、日本なら「2方向」「4方向」という表現でしょう。

「前方優先道路」補助標識

 ここまで書いて、ようやく知ったのですが、「前方優先道路(329の2)」という規制標識がありました。規制標識「徐行(329)」に補助標識「前方優先道路(509)」を上下に並べたものです。「一時停止(330)」にも「前方優先道路(509)」をつければ、私の希望通りの標識になります。

 ところがそれができるか疑問なのです。以前は「前方優先道路・一時停止(330の2)」という規制標識があったのです。見た目は規制標識「一時停止(330)」の下に補助標識「前方優先道路(509)」をつけたものでした。ところが廃止になってしまったのです。一時停止するのだから、相手が優先道路かどうかは関係ないと考えたのかもしれません。

地方部では道路線形に工夫を

十勝型事故

 北海道には、「十勝型事故」と、呼ばれる事故があるそうです。十勝は地域の名前で北海道の中央部の広々としたイメージのあるところですが、広々とした田園風景とは裏腹に交通事情は危険きわまりないようです。スピードの出しすぎと「止まれ」標識の見落としで、出会い頭での事故が発生するというのです。

十字路はT字路に変形する

食い違い交差点

 田園地帯の先進国アメリカでは何かいい手はないかと飛行機の下をのぞいているとおもしろい風景に出会いました。その田園地帯の道路は基本的に格子状になっているのですが、交差点ごとに十字交差をなくすよう形状が食い違い交差点になっているのです。片方の道路はまっすぐいけるのですが、もう片方は必ずT字型交差になっているので、とまらざるを得ないのです。これぐらい徹底しないと事故は減りません。都市部では用地の確保が大変ですが、地方部では現実的でしょう。

 出会い頭の事故が少ない「安全」な十字路の条件はは、進入時することが「安心」な十字路でしょう。「危ない!危ない!」と、警告する前に安心の工夫を。

「譲れ」標識が必要

 ここまでアメリカでの事例と比較して来たのですが、もうひとつ忘れていたことに気づきました。「YIELD」標識です。たとえば、高速道路の合流部で、側道の側にあったりします。止まる必要はないけれど、向こうが優先だよという感じです。そんなことで調べてみたら、「YIELD」に該当する標識が日本に無いということに問題視する意見がありました。

 優先道路に関してどんな標識があるのかおさらいしてみます。

 「とまれ」「徐行」「優先道路」と遠まわしな表現をしていますが、「譲れ」とひとことで言えば一気に解決する問題なのです。「譲れ」といわれたからには、目的を達成させるためにあらゆる手段を考えるのがドライバーに与えられた使命なわけです。必ず止まらなくてもいいけれど、必要ならば止まらなければなりません。相手の車の邪魔をしてはいけないのです。運転中は優先道路かどうか関係なく、譲るか譲られるの2つに1つしかないわけです。

 不必要な「とまれ」が「譲れ」に置き換われば、理不尽な取締りも減ってくれるでしょう。先日、自転車で充分に減速をし、周囲を注意したにもかかわらず、停止線の前で足をついて停止していないという理由で、お巡りさんに注意を受けてしまいました。足をつかなくても停止しているのですが、だめなようです。

(初出00.05.04)(再編集03.08.11)(再編集09.10.05)編集前

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたはゲストブックへ
リンクはご自由に © 2003-2015 kita