流れのヒント

[快適な行列]
清潔なテーブル

自分でテーブルを拭く道具を提供して欲しいのです。

Contents
>清潔なダスター
>>店員の手が回らないときもある>>コストの問題だけではないと思う>>汚いダスターか紙ナプキン
>座席数少なくても快適に
>>安価な商品の代償は座席数>>サービスの質が売り上げに結びつかない>>マナーが発揮できるよう

清潔なダスター

店員の手が回らないときもある

 セルフサービスの飲食店では清潔な(洗浄したての)ダスター(雑巾)が常に用意されていると良いと思うのです。前の利用者のアイスコーヒーのしずくがテーブルいっぱいに広がっていると、がっかりするのです。

という、ことなのでしょう。でも利用者としては

のです。需要と供給のミスマッチと言うところです。

 いっそのこと、清潔なダスターを十分用意して、テーブル拭きもセルフサービスと言ってもらった方が、不快な思いもずっと減るのです。

コストの問題だけではないと思う

 コストの問題もあるでしょう。

 しかし、これはコストの問題でなく、優先順位の問題だと思うのです。テーブルを拭きに回る時間の一部を充てて、ダスターを洗浄することは無理のないことだと思うのです。

などと思って、そちらの方をがんばっているのかもしれません。

汚いダスターか紙ナプキン

 結局紙ナプキンを多めに持って席に向かうしかありません。でも頑固な汚れには対応できず、不満が残ります。テーブルの汚れが未知なので、多めに持っていくわけで、資源の無駄遣いでもあるのです。

座席数少なくても快適に

安価な商品の代償は座席数

 商売ですから、店舗スペースに限りがあって当然です。来客数に見合った席を確保できないのは仕方ありません。回転を考え、混雑時に長居しないよう促すのは仕方が無いことでしょう。しかし、飲食店で衛生面で不快な思いをさせてしまうというのは、商品の安さの代償としては筋違いでしょう。

サービスの質が売り上げに結びつかない

 残念ながら、私たちに選択肢は残されていないのです。多少サービスが悪くとも、完全に拒否するほど断固たる態度は取れず、競争原理は価格競争ばかりで、サービスの良し悪しが結びつかない。もしかすると、

このようにすることで、利用客の平準化が図れると、邪推したりするわけです。

マナーが発揮できるよう

 マナーというのは、ある程度心のゆとりがあってのことなのです。

 きめ細かいサービスにコストをかけられない事情があるならば、それなりに、利用者が出来る役割があると思うのです。商品を自ら受け取って、運んでいる人たちです。自分でテーブルをきれいにすることは大きな負担増ではありません。ただし、自分でテーブルを拭く道具の提供は必要です。汚れたダスターしかない状態では、「みんなできれいに」は通用しないのです。

(11.12.26)

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたはゲストブックへ
リンクはご自由に © 2003-2015 kita