流れのヒント

[四車線道路を右往左往]
京都のまちで右往左往

車の運転マナーは土地柄がでるものです。

Contents
>バス・タクシー・混沌の京都
>堀川通り−いつの間にか右折車線
>横大路の交差点−曲がった先は1車線

バスとタクシーで混沌の京都

 4車線道路批判的なのは、私の運転歴にも関わりがありそうです。運転免許を取得し、はじめて運転したのは京都の町でした。
 京都市内の道は碁盤の目状ですが、車の流れは混沌としたものです。

 右車線も左車線も要注意な京都での走りは、もっぱら「車線またぎ(?)」ということになります。右車線の半分と左車線の半分を使って走る、つまり白線の上をまたいで走るというわけです。せっかく片側2車線あるのに効率が悪いと思われるかもしれませんが、心配いりません。右から左からせっかちな人が割り込んできて、実質3列になっているのです。電車を待つとき勝手に3列目4列目をつくってしまう関西人気質ですね。

2車線も3列で
2車線も3列で

堀川通り−いつの間にか右折車線

 4車線に比べると、6車線道路(片側3車線)は運転が楽だと考えるのです。中央の車線は突然停まるバスやタクシー、そして右折車がありません。のんびり目的地に到着です。ところが、京都の堀川通りは違いました。

 堀川通りは京都市を南北に貫く、メインストリートです。この道路の車線はとてもユニークで、右の車線がそのまま右折専用レーンになり、交差点をすぎると左側に車線が増えているのです。左から順番に押し出されているという感じです。何も考えないでいると左車線を走っていたのにいつの間にか右車線を走っていることになって、右折を強いられることになるわけです。そこで運転者は、交差点毎にひとつづつ車線を左に移さなければなりません。

いつの間にか右折レーン

 これには一つメリットがあります。前述の通り、片側3車線の場合、中央の車線はいつも混雑しているのです。そのため、左の車線の車は、中央の車線に阻まれ、右の車線に移れないのです。堀川通りは常に車線変更を強いることで、車線毎の混雑を均一にする効果があるわけです、右左の往来を容易にしていました。

 しかしながら、知らないうちに右折車線に入ってしまうのは危険でもあります。突然前の車が右折のため停止するのですから、あわててしまいます。やりすぎだと反省したようで、現在は改良されています。

横大路の交差点−曲がった先は1車線

 右折車線が2車線あると、2倍の車両が右折できるので、右折専用信号を表示する時間が短くてすみます。道路幅員に余裕があれば、導入したいところです。これにはもう一つの条件があって、右折先も片側2車線必要だということなのです。
 この横大路の交差点は、右折先が片側1車線なのです。幸い、幅の広い1車線なので、安全上問題がないと判断したのかもしれません。何しろ右折車線を設置するのが「国道1号」。多少のことは目をつぶっても渋滞の原因を減らす工夫なのでしょう。

まがった先は1車線
まがった先は1車線

(初出00.02.17)(再編集03.04.21)(再編集09.02.23)編集前

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたはゲストブックへ
リンクはご自由に © 2003-2015 kita