流れのヒント

[四車線道路を右往左往]
優しい道づくりは「おすすめ車線」表示から

地元の人が知っている暗黙の了解を、よそから来たドライバーにもわかるよう表示があれば、ありがたいのです。好きで渋滞の列に割り込むわけではありません。右車線が右折専用になることを知らなかっただけなのです。

Contents
>あらかじめ教えて欲しい
>バス専用(優先)レーンみたいな色を塗って
>建前はダメでも「おすすめ車線」は存在すべき

あらかじめ教えて欲しい

 4車線道路にはいらいらがつきものです。突然右折車専用になったり、駐車車両が車線をふさいでいたり。くやしいことに、地元の人は左右どちらの車線を走ればいいか心得ているものなのです。もちろん私も地元の道の事はよく知っています。この先右折専用右側車線を「すーと!」進んでいる他県ナンバーの車を見ると、「早く左側車線に並ばないと、入れてもらえなくなるよ!」と、教えてあげたくなるのです。

知らないで右折専用レーンへ
知らないで右折専用レーンへ

 そこで、「おすすめ車線」の表示を提案です。これは2車線あるうちで、右車線を走ればいいのか、左車線を走ればいいのかを表示するというものです。

おすすめ車線の案内板

バス専用(優先)レーンみたいな色を塗って

 おすすめ車線の考え方は、目新しいものではありません。高速道路では、「走行車線」「追い越し車線」といって、車線によって役割を決めています。のんびり走りたい人は、左側の走行車線を走れば目的地に着くというおすすめ車線の理想型です。

 バス専用(優先)レーンも、おすすめ車線の一種です。路面を派手に着色をして、一般車両にもこのレーンの存在を認知してもらう作戦です。この場合、乗用車にとっておすすめでない車線ということになります。この派手なマーキングを「おすすめ車線」にも利用したいものです。イメージとしては、こんな感じでしょう。

おすすめ車線

 こんな風に、右折車が多発する地域では左側車線に、駐車車両が多発する地域では右側車線に車両を誘導すると良いでしょう。
 また、先方に右折専用レーンがある場合は、左側車線に「おすすめ車線」を設定することになるわけです。

建前はダメでも「おすすめ車線」は存在すべき

 実態の車両の流れをマーキングする「おすすめ車線」ですが、建前の壁が立ちはだかっています。もともと高速道路に限らず、一般道も左車線を走行車線とするよう、規則が定められています。ですから左車線が「おすすめ車線」であるのは、当たり前のことです。そして右車線をおすすめ車線とする場合、道路管理者が、「ここは駐車車両が多いから、地元の人は右側を走っていますよ」なんて、違法駐車を追認するのは難しいでしょう。

 しかし「おすすめ車線」が設定できない様な道路が果たして4車線としての機能を持っているのか?という根本的な問いかけに戻ってくるわけです。このあたり道路幅員の決定方法に戻って整理してみる必要が有るようです。

(初出00.02.17)(再編集03.05.05)(再編集09.02.23)編集前

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたは流れのヒントの日記
リンクはご自由に © 2003-2017 kita