流れのヒント

[埼玉市ではいけないか]
さいたま市では無難な駅名が広く浸透

このまちは市名に東西南北をつけただけの無難な駅名が広く浸透しています。

Contents
>どちらかの地名を選ぶのは大変勇気がいる決断
>無難な駅名がさいたま市の流れ
>偶然の一致か、「さいたま市」と「さいたま新都心駅」

07.02.12追加

どちらかの地名を選ぶのは大変勇気がいる決断

 合併するときの新名称を決めるというのは、旧市民それぞれの思惑が有り、大変なことだと思います。昔からそうでした。解決策のよくあるパターンとしては一字づつ名前をもらって、2字熟語とする作戦がよくあったようです。伝統あるまちの名前だと思っていたら意外に明治時代に合併したときにできた名前であったというようなことがよくあります。

 鉄道の駅も同様に紛争の火種でした。鉄道事業者は紛争を恐れて2字の地名+2字の地名の4文字熟語を作成して駅の名前にしていることが多いようです。たとえば最近の例では「赤羽岩淵」とか「溜池山王」とかです。

無難な駅名がさいたま市の流れ

 さいたま市にある駅名といえば下記のように無難な名付けのオンパレードなのです。

3市の駅名
路線図

 旧浦和市は浦和がつく駅名が8駅と他の2市を引き離しています。もちろんこの多さは全国有数で「鉄道雑学○○」といった愛好家向けの書籍には常に取り上げられているくらいです。どんな理由があるのかわかりませんが、無難な駅名をつけるということが普通に行われている地域であることに間違いありません。その理由が「ふさわしい名前が無かった」という単純な理由かもしれませんが、駅名紛争が起こる可能性が高かったのかもしれません。暗黙のうちに無難な名前がついてしまったというわけです。

 無難な駅名が悪いとは思いません。遠方から来る人にとっては、市名+方角というわかりやすい駅名は大変わかりやすく歓迎されるべきものです。

(07.02.12追加)

 ゲストブックにお寄せいただいた情報によれば都市名のついた駅名が多いのは現在では千葉のようです。私も数えてみましたが、京成千葉、新千葉、千葉、千葉公園、千葉中央、千葉寺、千葉ニュータウン中央、千葉みなと、西千葉、東千葉、本千葉の10駅ありました。(その他、印西市に千葉ニュータウン中央駅)

偶然の一致か、「さいたま市」と「さいたま新都心駅」

 合理的な判断があったのか、単にわが町の名前を残そうと思ったのか不明ですが、大宮市は大宮駅の南に新設される駅名を「南大宮」駅とすべき主張しました。新幹線も停車するターミナル「大宮」の南の駅であるという極めてわかりやすい名称で、合理的な命名だといえます。もちろん、隣りまちの浦和市は猛反対し、JRも危険を察知してか無難な「さいたま新都心」駅となりました。
 ちなみに「さいたま新都心」という、名称は、市名の「さいたま」とは全く関係なく、鉄道操車場跡地再開発事業の名称としてつけられた名前です。駅名には百万都市「さいたま」の中心という意味はなく、単に駅周辺の地域が「さいたま新都心地区」と呼ばれているだけに過ぎません。
 結果として市名が「さいたま」にきまり、「さいたま新都心」という名称が実に自然に聞こえるようになりました。これが偶然の一致だったのか。なんか、納得いかないところです。

(初出00.01.14)(再編集03.01.12)(再編集07.01.15)(再編集07.02.12)編集前

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたはゲストブックへ
リンクはご自由に © 2003-2015 kita