流れのヒント

[まちの必需品]
気まぐれパークアンドライドが難しい

サンデードライバーや観光客といった「気まぐれドライバー」なら、パークアンドライド(P&R)の良さは大歓迎だと思うのです。

Contents
>通勤「渋滞解消」目的だけでは興味を引き出せない
>>車通勤の方が経済的な地方都市>>メリットを感じる人はすでにやっている
>気まぐれドライバーならメリットを実感する
>>都心まで乗り込むのはおっくうだ>>駐車場を転々とするのは面倒だ

通勤「渋滞解消」目的だけでは興味を引き出せない

 バスや電車など公共交通機関を使うと道路の混雑は解消され、燃料の節約になる。駅やバス停の前の駐車場を利用して、できるだけ公共交通機関を使おうというのがパークアンドライド(P&R)です。

 政府の施策としては先ず、「朝の通勤渋滞を解消する」ことに専念しているようです。いくつかの社会実験の結果報告を見ているとそのように感じられます。朝の通勤渋滞は目立つし、効果があればすぐに実感できることから、優先的に取り組むべきだと判断したのでしょう。

車通勤の方が経済的な地方都市

 地方都市ではちょっと郊外に住んでいれば車通勤が基本となります。職場の駐車場は無料で駐車できるとあれば、あとはガソリン代だけ。仮に通勤途中に駅があったとしても、わざわざP&Rに切り替えるひとが少なくてもうなずけます。

 本当は車自体の経費がかかっているのですが、どちらにしても一人に一台購入しなければならないのであれば、たくさん使った方がお得だという事なのでしょう。

メリットを感じる人はすでにやっている

 大都市圏(たとえば東京に近郊から勤務する場合)では状況は違います。勤務先に駐車場はありませんし、公共交通機関は頻繁に走っています。

 それでも自宅から駅まで不便だという人はいます。そんな人の中には駅前に月極駐車場を借り、毎朝車で駅までやってくる人がいます。空き地や住宅地が広がっているようなこぢんまりとした駅前が費用が安くて狙い目です。

 地方都市にしても大都市圏にしても、簡単にP&Rに切り替えてくれるような人は残っていないのだと思うのです。メリットを感じる人はすでにやっているのです。

気まぐれドライバーならメリットを実感する

 「メリットを感じる人はすでにやっている」のは通勤利用の話。サンデードライバーや観光客など気まぐれドライバーだと話は違ってきます。

都心まで乗り込むのはおっくうだ

 毎日通勤する人にとっては良く知る道ですが、気まぐれドライバーにとって都心に乗り込むのは結構勇気がいる話です。郊外のどこかで電車やバスに乗り換えてもいいと思っているのです。

駐車場を転々とするのは面倒だ

 一日滞在しようとすると駐車場代が結構かさみます。

 商業施設に付属の駐車場だと何時間か無料になるからといって、わざわざ何か購入したり、無料の時間が過ぎない内に次の商業施設に移動したりするのは面倒です。

 こんな時、電車で数駅の郊外に1日中安くでとめられる駐車場があるといいのです。電車代+駐車代が都心の駐車場を下回れば言うことなしです。ただ、複数人で行くと電車代が結構かかりますから要注意です。

(初出06.10.23)(再編集11.02.21)編集前

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたは流れのヒントの日記
リンクはご自由に © 2003-2017 kita