流れのヒント

[絶え間なく水は流れる]
大都会の上水跡

上水跡はまだつづく

Contents
>初台駅から新宿駅へ
>>駅前からスタート>>開発の気配のする駐車場>>大学前の広場
>新宿駅付近
>>上水の面影がだんだん薄くなる>>とうとうたどれなくなってしまった
>新宿御苑付近
>>なんとなくたどる>>ゴールはビルをすり抜けて

初台駅から新宿駅へ

案内図その1
案内図a

駅前からスタート

 笹塚から迂回してきましたが、初台駅に近づきました。

初台駅
散歩道写真a

 しばらくは、遊歩道をのんびり歩くことになります。甲州街道を付かず離れずという位置で、静かな道です。

遊歩道
散歩道写真b

開発の気配のする駐車場

 また駐車場がありました。今までの狭い駐車場に比べるとビルが1棟立ち上がりそうな広さです。新宿至近のこの土地はいずれビルになると思うのです。

駐車場
散歩道写真c

 ちゃんと横には通路が確保されています。

通路
散歩道写真d

 いつもの第三セクター土地管理会社に加え、電鉄系の不動産会社も名を連ねています。この地下には京王の本線(急行線)も走っていたのです。駅の出入り口を撮影した初台には本線の駅はありません。甲州街道の下を走っている新線の駅でした。

月極駐車場
散歩道写真e

大学前の広場

ビルの谷間の公園

ビルの谷間の公園
散歩道写真f

 上水跡が描くカーブ通りに、建物が建っています。

上水跡に忠実な建物
散歩道写真g

 明大前の大学でも、広場のように使われていましたが、この大学前も広場状になっていて、あたかも大学の広場の様になっています。女子大学ということで、写真撮影の際は、ガードマンの様子が気になるのでした。私は上水跡を撮影しているだけなのですが。

大学前の広場
散歩道写真h

 そして上水跡はビルの谷間に消えていくのでした。

上水跡はビル街へ
散歩道写真i

 こちらは殺風景な公園になっています。

殺風景な公園
散歩道写真j

新宿駅付近

案内図その2
案内図b

上水の面影がだんだん薄くなる

 遊歩道が無くなり、ふつうの道になってしまいました。

ふつうの道
散歩道写真k

 そしてとうとう突き当たりにビルが。

突き当たりのビル
散歩道写真l

 このビルは水道局にゆかりのあるビルでした。

ビルの由来
散歩道写真m

とうとうたどれなくなってしまった

 ビルの奥を覗いてみると、そこは新宿駅。一番西側には小田急が走っているわけです。

線路の下に上水
散歩道写真n

 上を見上げると、高架道路のような構造物。上水跡の部分が出っ張っています。

上水跡の位置
散歩道写真o

 高架道路の様な構造物は新宿駅南のサザンテラスでした。先ほどのビルも面しています。

上水の位置
散歩道写真p

 方向としては、このサザンテラス口を通った先だと思うのです。

サザンテラス口
散歩道写真q

 新南口前で、どこにあるのか見失ってしまいました。

新南口より東を望む
散歩道写真r

新宿御苑付近

案内図その1
案内図b

なんとなくたどる

 見失ってしまってしばらく、「雷電稲荷」が登場。上水と関係あるらしいのですが、ここが上水だったという記述までは見つけていません。この細長さが、なんか上水と関係ありそうですが。

雷電稲荷
散歩道写真s

 甲州街道は緩やかなカーブを描きます。上水の流れとあっているのでしょう。

高校前
散歩道写真t

 植栽帯がありました。このような中途半端な土地は上水跡に違いありません。

植栽帯
散歩道写真u

ゴールはビルをすり抜けて

 よくわからないままに、新宿御苑の散歩道を歩きます。ここは入場料は不要です。

新宿御苑
散歩道写真v

 新宿御苑の北東角にある大木戸。ここはまだ上水跡の終点ではありません。公共施設がいろいろ入っているビルをすり抜けます。

公共施設を通る
散歩道写真w

 ビルをすり抜けて。

公共施設をすり抜けて
散歩道写真x

 ゴールの四谷大木戸口跡です。

四谷大木戸口跡
散歩道写真y

(07.09.10)

この話題に関する情報、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

文責:kita jdy07317@yahoo.co.jpまたは流れのヒントの日記
リンクはご自由に © 2003-2017 kita